法人理念

法人理念



■上田しいのみ会運営方針

しいのみ会は身体障害者、高齢者のための福祉事業を仕事としています。
1.施設を利用する方々が明るく健康的で安心した生活を送れるための支援をいたします。
2.地域の方々やボランティアの方々と共に、社会に開かれた施設運営を目指します。
3.利用者の方々の人権を尊重し、人間性豊かな介護、支援を実践いたします。
4.利用される方々の自主性を重んじ、主体的な生活のための支援をいたします。
5.温かい心を添えた介護、支援を心掛け、謙虚な気持ちを忘れないよう努めます。

■理事長ご挨拶

昭和52年、肢体不自由のハンディキャップを持つわが子の将来を案ずる父母の方々を中心とした長年の社会的福祉施設建設運動が実を結び、「社会福祉法人上田しいのみ会」は認可、設立されました。
翌年には念願叶い上田市中之条にしいのみ会の最初の施設である「上田しいのみ園」が重度身体障害者授産施設として開園いたしました。
その後、平成6年、授産施設では支えられないレベルのご利用者を介護・支援するために上田市室賀に「しいのみ療護園」を開園し、同時に社会的要請が大きくなった常時介護を要する高齢者の方々のために「特別養護老人ホーム 室賀の里」を併設・開所いたしました。
平成20年には喫緊の課題である在宅要介護高齢者支援のため上田市小泉に「小規模多機能型居宅介護施設 陽だまりの家」を開所し、現在4つの福祉施設で計150名ほどの職員が毎日約220名のご利用者の介護・支援の業務に携わっております。
その他、各施設のショートスティ事業、デイサービス事業、訪問介護事業、川西地域包括支援センター事業等々、各種の福祉事業を展開してまいりました。
私どもの仕事は法人の理念に基づき時代の変化に伴う社会的福祉要請に応えてきたものでありますが、今日までこのような事業を続けてくることができましたのも所轄行政官庁各位のご指導、ならびに各施設周辺地域の皆様の深いご理解と温かいご協力の賜物と存じ、改めて関係各位の皆様に衷心より感謝申し上げる次第です。
これからも上田しいのみ会では全職員が一丸となり、全てのご利用者が日々を快適に過ごしていただくことができますよう鋭意努力を続けてまいります。どうか今後も皆々様の変わらぬご指導・ご支援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
 

     社会福祉法人
     上田しいのみ会

    理事長:村上恒夫



職員倫理綱領

【基本的人権の尊重、安全・安心な介護】

私たちは
ご利用者お一人おひとりをかけがえのない存在として尊重し、いかなる理由によっても差別することなく、安全・安心な介護支援の提供に努めます。

【法令遵守・ご利用者の保護】

私たちは
法令を遵守し、ご利用者の身体・財産ならびに個人情報を大切に保護いたします。

【要望対処・苦情解決の推進】

私たちは
ご利用者・ご家族や地域の皆様からの要望・苦情に耳を傾けその解決を図るために全力を尽くします。

【専門的支援の提供と資質向上へ】

私たちは
介護・支援のプロとして質の高いサービスを提供するために、常に専門知識・技術の習得を心がけ、福祉職員としての資質向上に努めます。

【地域福祉の向上へ】

私たちは
地域社会の一員としてその責務を果たし、ひいては地域全体の福祉向上に貢献できるよう、常に努力を続けます。




サイト名: 社会福祉法人上田しいのみ会|身体障害者、高齢者の方々のための介護福祉事業|長野県上田市   http://www.shiinomikai.com
この記事のURL:   http://www.shiinomikai.com/modules/tinyd/index.php?id=1